上へ戻るボタン

社員インタビュー

社員インタビュー
社員インタビュー
No.1

家電製品販売部門 
大泉 健太
入社4年目

もともと家電好きだったことに加え、学生時代に学んだマーケティングの知識も活かした広報をしていきたいと思い、星野電業社に入社しました。
今は、チラシ作りやチラシの郵送、家電の納品・修理を担当しています。社内の雰囲気は明るく和気あいあいとしていますが、仕事はまじめにやるというメリハリがあります。先輩・上司も優しく信頼できる人ばかりで、家電の修理技術などは現場の先輩から教えていただきながら身につけています。
修理や納品のとき、お客様に感謝の言葉をいただくとやりがいを感じますし、色々な人との関わりの中で仕事ができるのが楽しいです。お客様に寄り添った接客をレベルアップさせて、「星野電業社の顔」になれるように頑張ります!

No.2

電気工事部門 
笹川 淳
入社15年目

私が星野電業社で働くことにしたのは、入社前の1日入社体験や面接のときなどに感じた、明るい雰囲気が決め手でした。今も、困ったことは気軽に相談しあえる環境だと感じています。
職業訓練学校で電気系の資格を勉強し、現在は工事部で、見積もりの作成・現場管理・現場での作業と、電気工事に関わることをトータルで担当しています。
仕事の中では、故障原因を分析する中でまだまだ勉強不足と実感することもあります。
ですが、自分の構想通りに形ができあがったり、故障を早期に解決できたりと、地域に密着してお客様のために貢献できることが星野電業社で働くやりがいだと感じています。
今後も幅広い知識を身につける姿勢を大切にし、オールマイティな技術者を目指していきます。

No.3

電気工事部門 
千野 宏高
入社2年目

以前も電気工事に準ずる仕事をしていましたが、燕市に密着した仕事が多くできるということで星野電業社に入社しました。
入社前のイメージよりも、体力・技術、そして頭を使った作業が求められる場面が多いなと感じています。ですが、今までに経験したことのない仕事も多くあり、いつも新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができています。
現在は電気工事の補助作業を担当していますが、最近では先輩から仕事を任せられたり、「よくできた」と声を掛けられたりと自分の成長を感じています。
お客様の「ありがとう」の声をやりがいに、社内でも積極的に意見を出し合い、お客様の予想を上回るような仕事を目指したいです。